FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
バリ島日記3
2011/05/23(Mon)
久々更新、バリ島日記。

バリ島日記1 http://ark00.blog5.fc2.com/blog-entry-697.html
バリ島日記2 http://ark00.blog5.fc2.com/blog-entry-698.html

旅行三日目、バリ島到着二日目です。

昨夜はスパ後にたっぷりと睡眠をとれたので、素晴らしい目覚め。
いつものように朝食をしっかりと摂るのですが、やっぱりここのパンとコーヒーは
最高に旨い。
おそらく自分の好みにバッチリ合っているんだと思います。

午前中はおのおの別れ、わたしは本日も引きつづきマリンスポーツへ。
まずは軽く昨日のおさらい「シュノーケリング」。
しかしダイビングを満喫したあとだったので、やはり物足りなさが、、、。
続いて「バナナボート」にまたがり、船で沖まで引っ張ってもらいドライブ。
暑い陽射しに、飛び散る水飛沫が凄く気持ちよかったです。
ジェットコースターは苦手なのですが、スピードといい波に揺られる緊張感といい
かなり爽快で楽しかったです。
最後は「パラセーリング」。
パラシュートを背負い、ボートに引かれると凄い勢いで太陽輝く大空へ。
全身を包む風と、島の反対側まで一望できる景色は忘れられません。

立て続けにマリンスポーツを楽しみ、お気に入りのサンバルソースをたっぷりかけた
お昼(バーベキューやサンドイッチなど)をかっこむと、急ぎ次の場所へ。
いろいろ遊びたいので結構スケジュールはカツカツだったりします。

お迎えの車で向かった先は、「ヌサドゥア地区」。
このあたりに入ると、景色が一転して別世界。
高級そうな別荘地や五つ星のホテルが並ぶ、まさに「ホワイトエリア」(笑
そこの結構上の方の地区にある「タマン・サリ・ロイヤル・ヘリテージスパ」へ到着。
http://balinavi.jp/spa/heritage-spa/
いやーここは凄かった。
リンク先を参照して頂くと雰囲気は伝わるかと思いますが、なんか身分の高い人の
ような扱いをしてくれます(笑
広々としたおしゃれな空間に、空からはお昼過ぎのお日様が差し込む中
温水プールにまったりと浸かりながらジュースを頂く。
漫画とかで見たことあるような、貴族の体験ができます。
なんだろう、これが夢にまで見たお金持ちの生活なんだろうか。
疲れを癒したあとは3時ぐらいに、木陰のベンチでティータイム。
もちろんこの空間も手入れが行き届き、何故か美人さんたちが中央のテーブルで
お茶会をしていたりします。
うわ、これもどっかで見たことある光景だよ。
ここで出してくれるジンジャーティーがお気に入りになってしまいました。

完全にまったりモードになってしまったのですが、この日はまだまだ予定があります。
続いて行った場所は「ウルワツ寺院」。
http://www.bali-chili.com/about_bali/temple-remain/uluwatu.html
もっとも美しいといわれる夕日をバックに、ケチャダンスを鑑賞しに行きます。
道中サルがひたすら居ましたが、わたしは特に被害にあいませんでした。
同行者の一人がいろいろ盗られていたようですが、大きな問題はありません。
夕日をバックに徐々に姿を変えていく景色を眺めていると、ケチャダンスの会場は
いつの間にやら超満員。
舞台が赤く染まる最高のシチュエーションで、ケチャダンスが始まりました。

http://www.youtube.com/watch?v=AtocYUmvee8&feature=related


日本語訳されたお話しを読むに、魔王とお姫様とおサルのお話しらしいのですが、
そんなことよりもおサル(ハヌマーン)さんの中の人が面白すぎる!
なんというか、昔懐かし野外劇場の特撮ショー?(笑
会場を好き勝手に動き回り、お客いじりやアクロバットと見る人を飽きさせません。
まさに主役な活躍をするハヌマーンさんに対して、途中神の遣いガルーダさんが
でてくるのですが、「お、タジャドルだ」と誰にも分からない突込みを入れつつ
派手に登場したかと思うと、あっという間に魔王に負けて退場。
不憫だ、、、。
ダンスは夕日が完全に沈み、あたりが暗闇に包まれた頃終了。
そのあと出演者と記念撮影ができるとのことだったので、ダンサーさんといっしょに
「ケチャケチャ」ってやっているところや、ハヌマーンさんと一緒に撮ってもらいました。

締めはビーチへ移動して、月明かりのした潮風と波の音とともにシーフードのバーベキュー
に舌鼓。
が、うーん肝心のお魚はやっぱり日本が最高かも。
しかも注文の仕方が一匹二匹とかではなく、グラム数なのは驚きました。
ちなみにここでは流しの楽団が、チップを渡すとその国に唄を歌ってくれます。
我ら日本人チームのところにもやってきたので、お願いしたところ
昴やTSUNAMI、すきやきなんかをちゃんと日本語で演奏とともに歌ってくれました。
凄いなこの人たち。

そんなこんなでバリ島二日目の、カツカツな夜は過ぎていきました。


と、なりません(笑

実はテンションが上がってしまったので、夜のウブドへ。
まずはビクビクとしながら比較的明るい「インターナショナルカフェ」。
多国籍な人々が陽気に呑んでいて、みんな凄く優しい上に料金も安い安い。
お客さんも気さくに声をかけてくれるし、楽しいお店でした。
これに自信をもってしまったのか、そうそうに切り上げ他のお店も巡る事に。
たくさんの人が声をかけてくれるのですが、そういう分かりやすいのは求めて
いないのです。
もっと刺激を(ぉ
Liveで盛り上がっているお店や、美声が響いてくるカラオケBARなんかも楽しかった
のですが、何故か終着点は「オカマバー」。
やば、この雰囲気は万国共通のようです。
しかもこのお店もみんな優しいし親切。
酒は普通ですがダンスは楽しいし、料金もめちゃ安い。
仲間の一人は、お金が無いことを伝えたら店員におごってもらってました(笑
お酒は言葉のいらないコミュニケーション。
熱い夜を過ごすことができました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<バリ島日記4 | メイン | リアルミステリーアドベンチャー ~犯人はヤス~>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ark00.blog5.fc2.com/tb.php/703-a3a60036

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。