FC2ブログ
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ぬるま湯
2010/02/18(Thu)
TRPGのお話。

先日、E本さんにまたわざわざ足を運んで頂きまして、「クトゥルフの呼び声」で遊びました。
メンバーは前回と同様の4人。
クトゥルフオンリーコンの「歯車館の少女」を遊ばせていただいたのですが、、、。

舞台は冬山の怪しい洋館、「館モノ」。
キャラクター作成前に、それぞれ「謎の封筒」を一枚頂きそれに沿ってキャラクターを、
作成していくのですが、ダイスは一回限りの本気振り。
次々と出目に翻弄されていくのですが、結局わたしのキャラクターは中学生に[m:78]
前日「ダブルクロス3rd」を遊んだ影響もあってなのか、「コナンだコナンだ」などと
笑っていたのが運の尽き、シナリオの巧みなミスリードや封筒による疑心暗鬼から
次々と仲間が屠られていきます。
わたしのキャラクターは、ちょっとモチベーションが少ない立ち位置だったために、
様子を見ていたらあっという間に、バッドエンドへまっしぐら。
後半なんとか頑張って、NPCを救い出し生きて脱出できたのですが、いろいろと
心残りの多い結果となってしまいました。

言うならば、「物凄く濃くておいしいチョコレートがあるのに、一口舐めただけ」。
くぅ、、、悔しい!
お前は「探索者」だろう! それなりにTRPGを遊んでいるはずなのに、
キャラクターに翻弄されて見事マスターの思惑に乗っかってしまいました。
もっと堪能できるシナリオだったのに、それを遊べないなんて。
自分の腕を磨きなおさないとなぁと、強く思ったセッションでした。

うーん、「強くてニューゲーム」がやりたい。
願わくば、同じシナリオを遊んだ人がトゥルーエンドを見られます様に。


ちなみに前日は、MERUさんのDX3rdキャンペーン「ディープフロント」の第1話でした。
こちらについては、某所にいろいろと書きましたのでこちらでは割愛。
夜中はボドゲにDSと、面白かったですよー。
またやりましょう。
セプター、いたスト、wii、もちろんボードゲーマーは、我が家はいつでも歓迎します(笑
スポンサーサイト
この記事のURL | 卓上 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<何よりもまず、伝えなくちゃいけない事。 | メイン | New スーパーマリオブラザーズ Wii>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://ark00.blog5.fc2.com/tb.php/657-382a75d9

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。